色を変えれば雰囲気も激変【TPOも考えよう】

色は場に合わせて変える

ドレスを選ぶ女性たち

白を着るときは注意

女性がパーティドレスを着用するケースで一番多いのは、結婚式に出席するときです。新婦ではないので、目立たないように、しかし地味すぎないようにドレスを選ぶのは大変でしょう。
地味すぎないドレスを選ぼうとするときに、やはり華やかな色を選ぶでしょう。色の中で一番明るいのは黄色ですが、無彩色だと白です。しかし、白を着るときは注意しなければなりません。
特に白を着るなという決まりはないのですが、全身白になってしまうと花嫁と似通った服になってしまうからです。
白は清純な雰囲気があり、結婚式においては純潔の誓いを意味します。そういった色ですので、選ぶときには注意したいものです。白を着用するときは模様のあるものにしたり、ショールやボレロを色付きにした方が良いでしょう。

レンタルなら色も選びやすい

ドレスを一着持っているという人も多いですが、TPOもあるので必ずしも今持っているドレスがその場に合うとは限らないのです。そのため、ドレス選びにできるだけ幅を持たせるために工夫しなければなりません。
いろんなドレスを着用するためには、

・家族から借りる
・友達から借りる
・何着か購入しておく
・レンタルをする

以上のような方法があります。

この中でも、レンタルはとても便利な方法です。友人や家族と同じ式に出席することもありますが、そうなればドレスを貸し借りすることはできません。
その反面、レンタルなら何百着もラインナップがありますので、色もその場にピッタリ合う色を選ぶことができるのです。

シックなネイビー

ドレスの色選びに失敗したくないなら、一番無難な色はネイビーといえます。
濃い色はどんな肌の人にも合いますし、紺は黒よりも結婚式に合う色です。「ドレスといえば黒」という人も多いのですが、結婚式に限っては葬儀を連想させてしまうので着用は避けた方が良いです。
黒だと素材が良くないとすぐに目立ってしまうということもあるので、やはり少し色があるもの、濃い色、誰でも似合う色といえばネイビーになるでしょう。
ネイビーは誰にでも似合うことから、結婚式でも多くの人が着用すると予想されますので、コーディネートを工夫すると良いです。

黄色も人気

映画の主人公が黄色の服を着用しているととても目立ちます。そういった特徴がある黄色ですが、結婚式でも白くはなくしかし華やかな色なので人気があります。
近年流行りのシフォンスカートだと柔らかさが演出できるでしょう。このとき、子供っぽくならないように選ぶ靴やショールを厳選する必要があります。

失敗したドレス成功したドレスの体験談

黒を着ていったら…

先日結婚式に出席するために、おろしたての黒いドレスを着ていきました。とても高いドレスだったので、さすがに見た目もゴージャスだったのですが、出席者が皆黒を着ていったので、お葬式のような式になってしまいました。

白でもOKでした

以前から白いドレスはNGだという声を聞いていたのですが、私の持っているドレスは模様があったので花嫁と印象を変えることができました。模様が薄い銀色の糸で縫われていましたし、ショールをネイビーにしたのも勝因だと思います。

ドレスも完璧だったけれど

友達からドレスを借りて結婚式に出席しようとしたのですが、いつも持っているショールや靴がなくなってしまったんです。レンタルで急いで靴やショールを注文して、なんとか事なきを得ましたが、最初から全部レンタルすれば良かったです。

皆でおそろいの色を着ました

友人の結婚式に参列したのですが、皆で合わせて赤いドレスを着用しました。付添人のような雰囲気を演出したかったのです。レンタルなら赤いドレスが簡単に揃えられたので、こういったときに便利だなと思いました。

いつもと違う色を着てみたい

私はグリーンのドレスを持っているのですが、先日は違う色に挑戦しました。似合うかどうか分からなかったのでレンタルにしたんですが、似合ってて一安心。レンタルだと違った色に気軽に挑戦できるので、活用します。